上貼り

戸襖の下貼りを貼り過ぎた感いっぱいで、唐紙が少しだぶついています。職人さんから見ると、明らかに失敗で、少し、泣きが入ってます。戸襖は、べたばりになるので補修紙は必要無かったように思います。糊も少し濃かったかもしれません。今更、後悔しても無駄なので、貼ってしまったものはしょうがない。文様の入っている部分には触れず、弱気で貼ってしまった結果、この様な状態になりました。このまま、暫く、横に寝かせてみることにしました。綺麗に唐紙が張ってくれることを願いながら、修正方法を考えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

下貼り

次の記事

下地