本襖に取りかかっています。押入れの裏襖が破れて、このような状態になっています。元の襖紙の上から2〜3枚は貼れるそうですが、表襖からは見えない部分です。今回は紙が古くなっているので、全部、貼り替えることにしました。一枚づつ剥がす作業は、未知との遭遇です。木枠は上下左右、釘で固定されているようなので、上下の枠を外して、左右の枠を外します。折れ合いはなく、釘だけで固定されているようです。折れ合いがあると木枠の外し方が変わってきます。木枠の中で釘が錆びているので、無理に引っ張るとちぎれてしまう可能性があります。釘の状態を見ながら引っこ抜きます。先ずは1枚目からチャレンジ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

下地

次の記事

折れ合い