襖紙を剥がしました。1度、上から茶ちり紙と襖紙を貼った形跡がありました。それも、同じタイプのものでした。長年、使用されてきた襖も木の桟だけになると、改めて良く出来ていると感じます。スポンジに水を含ませて糊の付いている部分をふやかしていきます。しばらく、置いておくと綺麗に剥がせます。木の香りもしながら、丁寧に綺麗な雑巾で拭いていきます。このまま置いておくと桟が反るので、剥がす時と貼る時はその日のうちにします。あらかじめ襖紙の上に襖を置いて、上下左右とも1〜2cm大きめに襖紙を切ります。柄入りの襖紙を何枚も貼るときは柄を揃えて切ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

折れ合い

次の記事

引き手