1枚目

木枠を外す時には、あらかじめ上下左右にマスキングテープで目印を付けておきます。襖本体の左右に、木ネジ7本ずつで固定、木枠に空いている穴に入るか確認、上下の木枠の高さを合わせ、装飾用の釘を打ちました。上の木枠は太く、少し長めの釘を打ちました。襖の引手の穴、紙に穴を開けるのは、本当に緊張します。引手や木枠の確認など、1枚目ができるまで2枚目には手をつけませんでした。初心者でも貼り替えはできますが、やはり、職人さんへ任すのがベストです。全面、キラキラしていて、いつまでも見ていたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

襖紙

次の記事

2枚目