2枚目

が出来ました。上の木枠に釘を打ち込むのに必死で、金槌を叩いていたのですが、長い釘を真っ直ぐに打つのは難しく、古い折れた釘も刺さっていて、力の入れ加減や微妙な角度で曲がっていきます。何回、釘を打ち抜きしたか分かりませんが、途中から千枚通しで孔を空けることにしました。本当に素晴らしい道具があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

1枚目

次の記事

戸襖